どんな予防をすれば良いのか知る

インフルエンザ予防にもなる口腔ケアとは?

口内を清潔にするために

口内の病気や、口臭を予防するために口腔ケアが必要だと思っている人が多いでしょう。
しかし、効果はそれだけではありません。
インフルエンザの予防にも、効果が期待できると言われています。
そのためには、口内を清潔な環境にすることが重要です。
外から帰って来た時は、口内にたくさんのバイ菌が侵入しています。
うがいをして、バイ菌を排除してください。
水でうがいするのではなく、うがい薬を使うのがおすすめです。
すると口内の殺菌ができるので、清潔な環境になります。

また、歯磨きも重要な口腔ケアになります。
食後はきちんと歯を磨くことで、清潔な状態を維持できます。
毎食後に磨くことを心がけましょう。
また、真剣に磨いてください。
テレビを見ながらでは、歯磨きに集中できません。
すると磨き残しがあって、バイ菌をすべて口内から排除することはできないでしょう。
病気の原因になるので、歯磨きをしている時はその作業に集中してください。
15分ほどの時間をかけて、丁寧に磨くとバイ菌を口内から排除できます。

液体歯磨きや、歯間ブラシなどの道具を使ってケアするのもおすすめです。
歯ブラシで磨くだけでは、バイ菌や汚れを落としきれないかもしれません。
口内が汚い環境だと、インフルエンザになりやすくなってしまいます。
毎年インフルエンザになっていた人は、口内環境が原因である可能性が高いです。
歯磨きだけでは足りないと思ったら、他の道具も併用して磨きましょう。

トップへ